印刷の、その先へ。

私たちジャパンイーブックスでは、たくさんの「電子書籍」を取り扱っています。 しかしこれは、印刷物を否定し、

次の手段で電子書籍…というものではありません。 印刷物は、手に取り、重みを感じ、匂いもある。 五感に響くものです。 持ち続けれるほど、味が出るものです。 印刷物は、生き続けます。 では、なぜあえて「電子書籍」なのでしょうか。

私たちが独自に制作しているのは、 実はただネット上で読める「電子書籍」というではありません。 テキスト情報が付加され、検索ができます。 位置情報動画を埋め込むことができ、電話発信もできます。

さまざまなデータを集め、次の印刷物づくりに生かしていくこともできます。 ただ印刷物であるだけよりも、とても便利で機能的なものになっているのです。 これはすべて、ただ作るだけではなく 大切な情報を『届けて』、より多くの人に『動いて』いただくため。

例えば…

市政に関心を持つこと。

子どもといっしょにイベントに出かけてみること。

ためになりそうな講座に参加してみること。

わが街の未来を考えてみること。

小さな一歩かもしれませんが、

そこには出会いがあり、新しい驚きがあります。

それはやがて、大きな変化につながっていくものでもあります。 印刷物を通して、印刷物以上の価値をつくっていく。 私たちは、そんな「印刷のその先」を作っていきたいと考えています。


Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic